ネイチャーゲームとは

1979年、米国のナチュラリスト、ジョセフ・コーネル氏より発表されたプログラム

みる、きく、触る、かぐなど、私たちが持っている感覚をつかって

自然を直接体験したり、楽しみながら自然の知識を学ぶことのできるプログラムで

日本で考案されたものも含め、160種類以上の活動があります
 

 

子どもたちとネイチャーゲームを通じて3つのできるがあります

~すこやかに、そして力強く生きていく力を育てる為に~

☆五感で体感できる

ネイチャーゲームには、みる、きく、触る、匂いをかぐ

などの感覚を使って、身体全体で自然を感じるプログラムがいっぱい!

今まで知らなかった自然界の面白さや不思議さを体感できます

 

☆主体的な学びができる

ネイチャーゲームでは、子どもが体験を通じて楽しく主体的な

学びができるよう手助けをします。ひとり一人の心やからだの状態に合わせた

プログラムの中で人から教わるのとは違った学びが深まります

 

☆シェアすることができる

ネイチャーゲームが大切にするのは自然や人との

「わかちあい(シェアリング)」。正解や優劣にこだわらない中で

子どもたちはお互いの意見や考えのちがいを認め合うようになります